【コスパ最強!】DMM GAMESからアダルトゲーム遊び放題サービスがお得すぎる!!30日、2980円でエロゲを遊びつくせ!

【哲学】エロゲーにエロは必要ないというお話。え?マジすか??

エロゲ・考察、修羅の国
出典:「リアルエロゲシチュエーション!@自宅すたじお」
三大欲求に忠実な、みやびです。

本日はタイトルコールにある通り、たまに議題にあがるこのテーマについて私なりの持論を話したいと思います。

おそらくエロゲーにエロはいらない派という勢力は一定数いるという事みたいです。

そんな議題について深堀りしていこうと思います。

ちなみにこれがエロゲ学会にて有力な一つの導かれた答えらしいですw

・エロゲーにエロは要らない ×

・泣きゲーにエロは要らない ○

・泣きゲーのエロで抜かない ○

 

■■■《宣伝》【DMM/FANZA】キャンペーン・セール開催中!■■■

【哲学】エロゲーにエロは必要ないというお話。え?マジすか??

つまり、ゲーってことですか?

という言葉遊びは無しの方向でwww

ある意味すごいお話だよね。

それって、カツサンドにカツが無いというかカレーライスにカレーのルーが掛かっていないとか寿司のネタがのってないとかそうゆう事ですよね。

ただここもいくつか主張があるそうです。

ひとつずつみていきましょうか。

エロゲーにエロを必要しないという理由あり。

派閥1.エロゲのシナリオに惚れこんでしまい、エロを忘れてしまった人たち

エロゲは好きだけど、シナリオやキャラ萌えなどが好きで特にエロいシーンは不要というメンズとしてちょっと疑わしくなる人達。

(あっ、もし女性プレイヤーの方が読んでいたらすみません。)

実は昔自分も同じような主張をしていました。

というかエロシーンは結構スキップしてましたね。

彼らにとってエロゲのエロシーンを否定しているわけではなく、それ以上にシナリオやキャラ愛が強いんだと思います。

どうしてもエロって言ってしまうと、世間体といいますと良くないじゃないですか。

つまりそうゆうことです。

派閥2.え?アニメの絵で抜くとかないっしょwwwという輩

きっと我々の敵?であるリア充系メンズがなんかの拍子にエロゲに手を出して、いや俺彼女いるし、セ◎レいるから、アニメ絵で抜くとかないわ〜みたいな人。

実は身近にそうゆう友達がいて、そうはいっているけどチミ、実はこっそりエロいシーン堪能してるんでしょ?ゲロっちゃいな?と思ってます。

なかなか尻尾を掴ませません。次に泊まりに行った際には・・・。

ちなみに余談ですが、私がエロゲに理解ある友人の彼女さんにエロゲ好きな事を話したエピソードはこちら・・・。せちがらい。

www.eroge-yakata.com

派閥3.そして最後に謎の哲学者なみに割り切ってる勢

エロゲってそうゆうものだろ?みたいな何かを悟っている人達。

エロシーンが不要というなら飛ばせばいい、ギャルゲーで満足という方はそちらを買えばいいというオトナな考えの派閥ですね。

良く言えば平和主義者。悪く言えば、我関せずwww

あとがき

つまり私の考察では、エロゲ―にエロがいらないわけではなく、エロシーンが特に必要がない色合いが強いエロゲ―に関してはエロシーンがなくても成立しますね。

だけど、R-18指定というものはエロだけでなく、グロテスクな表現や暴力的なシーンなども解禁されるため、シナリオや演出上幅が広がる為必要なんだと思う。

でも実際にエロゲで同じパッケージが並んでいて非エロとエロが同価格だったとしよう。きっとみんなエロ有りを手にとると思うんだ。ないとさびしいもんだと思う。

家庭用移植はまた話変わってくるからね。

オブラートに包みこんで言うなら、エロがなくても面白いかもしれないけど、エロがあるならあるに越したことはない!ということさね。

↓↓↓↓↓

ぶっちゃけ、脱いでくれるなら、喜んで!

というのが私の感想です!ありがてぇ~w

あとどこかのエロゲ―マーの集い的な飲み会でドン引きされたのが、とりあえずエロゲヒロインなんだから服脱がせて、下着とかおっぱいみてエッチしないと始まらないでしょう!という発言をしたら、その場がちょっとひんやりしましたね。

あれ?何か間違った事言ってるのかな~~。(飲みすぎィ)

いまだにあの時の静まりの意味が分からなかったなぁ。

そしてこの表裏一体システムよ!

シナリオメインのエロゲーだとエロシーンをスキップするという方は一部いるみたいです。逆抜きゲーだとエロシーン以外はスキップするというwww

人それぞれエロゲの遊び方は自由ですが、なんだかおもしろかったですw

エロゲのエロは観賞用なんだよ!これにて終了(=゚ω゚)ノ

▼こちらの記事もあわせてどうぞ!

www.eroge-yakata.com

www.eroge-yakata.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました