エロゲ初心者の館 (ランキング、感想、批評を書いていきます)

主にエロゲに関する事を独自な視点から考察。美少女ゲーム好きな紳士淑女にとって有益な情報を発信。

【自己分析】やっぱり自分はエロゲが好きなんだなぁと思う瞬間について語ります。

f:id:erogereview:20190623101253j:plain

©2016 YUZUSOFT / JUNOS inc. All rights reserved.

エロゲ思うが故に我あり、みやびです。

このジト目ですよ~。た・ま・ら・ん!!!

 

本日は、ブログネタ切れだったためにツイッターからヘルプミーしましたところ、シリウスさんからネタの提供を頂く事が出来ましたので、書いていきたいと思います。

 

 
困ったときは元気玉記事です!

※元気玉記事とは、私が勝手に呼称している方法でいわゆるオラに何かブログネタをほんの少しだけでいいからわけてくれ~という懇願プレイをさしますw

 

前に無意識に3年以上続けている事を趣味や好きな事だと何かの本で読んだ事があります。

つまり、10年以上なんだかんだで続けているエロゲは高尚な趣味と言えるようですw

どうしてこうなった・・・( ゚Д゚) 

ほかにも色々受けのいい趣味あっただろ?みやびさーん。

 

というわけで、ちょっと前置きが長くなりましたが、さっそくどーぞ!

 

 

 

 

やっぱりエロゲが好きなんだぁと思う時を挙げてみた!

・秋葉原に何かの用事に行った時にふらっとエロゲショップへ入ってしまう。

・月末金曜日になるとそわそわしだす。

・ふとネットサーフィンをしているとお気に入りのエロゲブログやまとめサイトをついついみてしまう。ツイッターもそうですねw

・1年通して購入したゲームをみてみるとやはりエロゲーが一番多いwww

 

プレステや携帯用ゲームよりエロゲの本数が多い事に気が付きます。

うん。自分のライフサイクルにおいてエロゲを意識する回数多過ぎですね。

 

▼こちら昨年の私のエロゲプレイ記録を綴った記事です。あわせてどーぞ!

erogereview.hatenablog.com

 

 

ではどうして、エロゲが好きなのか自己分析してみました。

リアルで非モテだから(血涙)

美少女とキャッキャウフフしたいわけです(死語)

これは書くと悲しくなるので察してほしいのですが、まあそうゆうことです。

エロゲブログを書いている管理人がリア充だと思った?ですw

イメージとしてはこうありたいのですが、現実は世知辛いですw

 
あとはですが、深夜アニメだとえっちぃシーンが物足りなく、漫画やラノベだと声がないということでエロゲーがすきなのかもしれないです。

もちろんアニメも大好きですし、漫画もラノベもがっつり読んでいるのでエロゲーとの優劣をつけようとか語るつもりはいっさいないので、ここは誤解しないでね。

ちょっぴり過激な発言をすると噛みついてくる方がいらっしゃるようなので、色々と予防線張っておきますw

 

 

あとね、エロゲプレイによる萌えというかエロゲヒロインの可愛さによる悶えを求めてたりもしますね。ここが全てかもしれない。

甘えてくる妹とか、素直になれないけどお兄ちゃん大好きな妹とか最高ですね(^^)/

あと私が疲れてる時にはママンになってくれるような母性も大事w

美少女ヒロインと知り合ってそこからお互い意識しあって、付き合うまでに至る過程が大好きなんだよね~。

ジョジョに顔が赤くなったりするヒロイン、めっちゃかわいいのに主人公に好きになってもらう為に頑張っちゃう姿、ちょっと自信がない仕草、他の女の子が主人公に近づいてきたら、ちょっぴり嫉妬しちゃうところとかそういうのが全部大好きなんだよね。

えっちぃシーンも当然ご褒美的な部分もあるんだけど、そこに至るまでの過程が好き。

またこれも考えないようにしていますが、エロゲのヒロインってエクスカリバー(約束された勝利の剣)なんですよね。

基本的にエロゲってメインヒロインへの恋は100%成就されますよね。

サブヒロインへの恋はファンディスクや続編次第だが。

つまり好きになった瞬間にヒロインから告白される事はあっても振られる事は基本的にないんですよ!

もしかしたらエロゲによっては振られてから付き合うような作品もあるかもしれないけど、行き着く先は同じ。

失恋しない、傷つく事がない疑似恋愛を体験できちゃうんですよ。

もしかすると深層心理ではここが1番なのかもしれない

(なんだが悲しくなってきたぞ)

まあ、とはいえ今私がエロゲに求めているものは、リアリティある擬似恋愛ではなく、
偽物であっても構わないので気持ちよくなれるイチャラブ系エロゲなんだよなぁ。

だから問題なしなんです!

まあ、人によってエロゲの楽しみ方は自由ですが、私はこんな感じですねぇ~。

 


まとめ

うん。改めて振り返ってみましたが、やはりエロゲが私は好きなんだなという結論に至りますね。

今回は感情のまま、記事を書いていったので構成はいつもと違いますw

2次元の創作物であるとか、実際にそんな女の子はいませんよーー( ̄m ̄〃)ぷぷっ!といった声が聞こえてきたとしても、それはそれで割り切りながらも受け止めつつ、そんなことはとうにわかっているんだよーーと心の中で叫びつつ、それでも守りたい世界があるんだ~と某ガンダム主人公のように熱く叫びたい所存です!!

 

こちらの画像にて美羽ちゃんもおっしゃっておりますが、わりとエロゲを嗜む紳士たちは、「物腰は大変紳士」であったりします。

f:id:erogereview:20190623103613j:plain

出典「さくら、咲きました。(c) SORAHANE 2010- All rights Reserved.」

 

さいごに魔法の言葉をお送りしましてしめたいと思います。


人生1回しかないので、自分が今一番したいと心の底から思う事に夢中になることが、私は一番の幸せだと思う。

それがたとえエロゲであったとしても・・・(*^^)v

 

というわけで本日はここまで!

読んで下さった方ありがとうございます。

でわでわノシ

 

▼こちら合わせて読みたい記事。エロゲへの本音を語っている内容です。

erogereview.hatenablog.com

 

erogereview.hatenablog.com

 

erogereview.hatenablog.com

 

 

▼千恋万花のコミカライズ作品です。

エロゲだけでなく、漫画でも楽しみましょう!

千恋*万花 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
季月 えりか
KADOKAWA (2016-09-23)
売り上げランキング: 128,688

 

▼物腰は大変紳士とおっしゃっている美羽ちゃんが登場するのが、こちら!

さくら、咲きました。 初回版