エロゲ初心者の館 (ランキング、感想、批評を書いていきます)

主にエロゲに関する事を独自な視点から考察。美少女ゲーム好きな紳士淑女にとって有益な情報を発信。

【エロゲ移植】家庭用(PS3、PS4、PSP、PSVita)美少女ゲームの良さについて語っておこうと思う。

f:id:erogereview:20190107053532j:plain

(出典:月に寄り添う乙女の作法@Navelより)

 

明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 

 

私自身は年末から持ち越しにて「封緘のグラセスタ」を絶賛プレイ中でございますw

まだまだ終わる気配なしwww

ノーパソにてプレイしていましたが、この新年よりHDMI接続にて大画面液晶にてエロゲをプレイしています。やっぱデカい画面はいいですね。

 

さて本日は、タイトルでも触れている家庭用向け美少女ゲーム(いわゆるギャルゲー)について家庭用ならでわの良さを語っていきたいと思います。

 


本記事のテーマ

・家庭用に移植された美少女ゲームの良さとは?
・パソコンのエロゲと家庭用のギャルゲーの違いって何?
・結局どっちを買えばいいの?
・オススメの家庭用移植エロゲー、ギャルゲーもご紹介
・まとめ

 

こういった疑問についてお答えしていきます。

 

 

本文に入るの前に私自身のエロゲプレイ歴を軽く語っておきますね。


・エロゲプレイ本数 300本以上
・家庭用移植も30タイトル以上プレイ済み
・学生時代から10年以上エロゲーに人生を捧げている人です。

 

 

そんな私が家庭用に移植されたエロゲ達についてプレイ体験を基にお話していきますので参考になる部分もあるかと思います。

 

 

 

・家庭用に移植された美少女ゲームの良さとは?

1.新ムービー、新イベント、新キャラなどが追加されるパターンが多い!
  追記:サブヒロインがヒロインへの昇格などもあったりしますね!!
  (コメント頂きましたので、追記しました!)

2.声優陣がアニメ声優やゲーム系声優に切り替わる(良く悪くも)

3.R-18⇒全年齢対象となる為、年齢制限が解除される。

4.エロゲ新品より少し定価がお買い得。

5.PCを持っていなくても対象のハードを持っていればプレイ可能。
  現在の主流は、PSVitaとPS3,4になりますね。スイッチやWii、3DSにも少しだけ発売してます。

6.PSP、PSVitaなどの携帯機にも移植されているため、家族や周りにバレないように遊べる。ソフトのジャケットでバレる気もしますが・・・汗

7.個人差ありますが、家庭用の方が操作面はやはりコントローラーで様々な機能をボタンに割り当てられていて操作しやすい場合が多い。PCもエロゲー慣れている人だとマウスでプレイする方が楽な人も多いらしいです。(余談だけど、じつは最近、タッチパネル対応しているエロゲもあるんだぜ?)

8.家庭用に移植されるという点である程度、人気を博しているエロゲがリリースされますので、あまりエロゲに詳しくないけど興味がある人でも安心して購入できるタイトルが多いです。癖がある作品や一部のコアなファンしかいないような初心者向けではないエロゲは回避できます。

 

 

パッと思いつく限り、こういったメリットがありますね。

 

逆に移植されて、デメリットとなる点としては、このあたりかな?

 

1.エロシーンがカットされる(キスや朝チュンは健在。あと良くホワイトアウトします)

2.エロだけでなく、R-18指定となる過激なシーン、残虐なシーンもカット。

3.上記のカットにより、シナリオがどうしてもちぐはぐになる作品もある。

4.主題歌が家庭用向けに新規作成となる事が多く、かなりの確率で本家であるエロゲの方が神曲になる場合が多い。

5.神エロゲとして売れた大人気作の全てが移植されるわけではない。

6.当然だけど、移植版なのでエロゲが先に発売します!

 

 

店頭で販売されている時の取り扱いジャンルは「恋愛シミュレーション」というカテゴライズが多いです。一度だけ「美少女」というカテゴリー分けされているのを見たときは、ちょっとワロタww 

某ゲームショップさんのカテゴライズ
アクション、RPG、キャラクター、美少女だからねw 
大雑把すぎるだろww

 

 

・パソコンのエロゲと家庭用のギャルゲーの違いって何?

f:id:erogereview:20190107134935j:plain

先程少し触れた点ですが、大きな違いは、えっちなシーン、R-18に引っかかる過激な残虐シーンなどが省かれていること。ここが一番の違いですね。

ちなみに連呼しているエロゲーギャルゲー美少女ゲームの違いについては、 以下のような区分けになります。

エロゲー・・・エロいシーン盛沢山のアダルトゲーム。(18禁)
ギャルゲー・・・エロゲーの家庭用移植版(非エロ)。
美少女ゲーム・・・エロゲーの表舞台での表現。エロゲーだとさすがに直球すぎていろいろ良くないための表現。ただし、美少女ゲームの中にギャルゲーも含まれている場合があるので注意。

美少女ゲーム(エロゲー、ギャルゲー)この表記が一番しっくりくるかな。 

そうそうエロゲーにもいくつか実はジャンルがありまして、ゲームの大半が肌色のエロいシーンで制作されているゲームは、抜きゲーといわれてたりしますw

感動したり、物語に注力しているエロゲーは、シナリオゲー、泣きゲーと言われます。

RPG要素が強いものもシナリオゲーの枠に入る場合が多いですね。

キャラに注力している萌え萌えきゅんなエロゲーは、キャラゲー、ギャグゲー、萌えエロゲなど人によって呼び方がかわります。シスプリも妹たちのような感じです。

他の呼び名はあったかな~?

作品によっては上記の要素を複数含んでいるエロゲも存在しますので、カテゴリー分けする際には、まずエロか非エロか、その後、〇〇ゲー要素が強いという表現がしっくりきますね。

最近のエロゲーのタイトルも凝ったものやラノベのような長文が多く、タイトル名からはどういったエロゲーなのか判断できない場合がありますが、パッケージの裏を見るとほぼ判別できますw


シナリオ、RPG系・・・いかにも思わせぶりなセリフやキャッチフレーズがかかれていたりします。RPG系なら戦闘画面ですね。ホワイトアルバム2、ランスシリーズなど

抜きゲー・・・説明不要。みればわかる。肌色いっぱいwww 聖娼女 ~性奴育成学園~、ボクの彼女はガテン系、SISTERS~夏の最後の日~など


キャラゲー・・・つよきす、ゆずソフト系列など。

 

 

 

 

・結局どっちを買えばいいの?

エロゲにエロシーンがないなんてタコが入っていないタコ焼きみたいなもんやで!!という方は、エロゲーですね。

 

パソコン持ってない、諸事情にてエロゲをインストールすることができない環境、まだエロゲを購入及びプレイしてはいけない年齢の方は、家庭用の美少女ゲーム(ギャルゲー)をプレイしましょう。

 

とあるエロゲブランドは、以下のようなマーケティング戦略を取っています。

この手法が悪いというわけではないですが、1つの例としてあげておきますw

1.PC向けのエロゲ発売。 

2.家庭用に移植版を発売(新キャラ追加、新イベント追加)

3.新キャラが追加された家庭用を今度はPCへ逆移植(もちろんエロ解禁)

4.1~3のあと、ファン向けのファンディスクやさらに追加版をリリースしたり・・・(ry

 

え?どこのメーカーさんなのか知りたい?そいつは言えねぇな・・・。どうしても知りたい人は、グーグル先生にこっそりときいてみてくれ。

 

f:id:erogereview:20190107130536j:plain

 

・せっかくなので、オススメの家庭用移植エロゲー、ギャルゲーをいくつかご紹介しておきますね。 

暁の護衛 

・まとめ

家庭用に移植されたエロゲーの良さを一言でまとめるとパソコン持っていなくても手軽に遊べることだと思います。

スマホがこれだけ普及した時代だと特に必要がなくパソコンを持っていない方、マックのPCを持っている方だと気になってもwindowsパソコンを買ってまでプレイしようとは思わないでしょうから。

※マックユーザーがWindows向けのエロゲを遊ぶ方法も一応ありますが、ここでは触れません。気になる人は、グーグル先生に質問してみてください。いろいろとやり方がでてきますので。

あとは、エロゲ版プレイ済みの方にはありがたい追加要素を堪能できる事ですかね。こちらは、ぶっちゃけ2本買うようなものなので、財布と相談になりますね。 

 

 

 

★今日のヒロイン 
あかべぇそふとつぅtryより「シキガミ」に登場する「賀茂 光栄」ちゃん

f:id:erogereview:20190107142413j:plain

この娘はいわゆるいいとこ出のお嬢様であり、ちょっとおっちょこちょいなところがある優等生。主人公とは立場は違えど、良き友であり、理解者。 

この子とアレをするときに、ハジメテじゃなかった点が今でも忘れられない。ほろ苦い想い出のあるヒロイン

シキガミという陰陽師の世界で安倍晴明にケンカを売った人物がいた・・・そんな彼の復讐劇バトルエロゲ(バトル要素あり)

登場人物がかなりロリ系の絵ばかりなのですが、ゲームとしてはすごく良くて今でも時代を変えて2が発売しないかなーと儚い希望を持ってたりします。

 

シキガミ
シキガミ
posted with amazlet at 19.01.07
あかべぇそふとつぅTRY (2011-07-29)

 

▼こちら人気の記事です。あわせてどうぞ! 

erogereview.hatenablog.com