エロゲ初心者の館 (ランキング、感想、批評を書いていきます)

主にエロゲに関する事を独自な視点から考察。美少女ゲーム好きな紳士淑女にとって有益な情報を発信。

【エロゲ感想】時計仕掛けのレイライン(黄昏時の境界線、残影の夜が明ける時、朝霧に散る花)感想。魔法学園で起きる不可思議なトラブル解決のお話

f:id:erogereview:20181030161029j:plain

どーもです。

社畜すぎてまったくエロゲがプレイできていないので、過去に遊んだ作品の感想を紹介していきますね。

その第1弾としてユニゾンシフト:ブロッサムから発売されました「時計仕掛けのレイライン」3部作の感想となります。※家庭用移植は未プレイ。

 

まだプレイしていないエロゲーマー(特にシナリオ重視)の方には、もってこいです!

プレイしたのは、もうずいぶんと前になりますが、当時プレイ後の感想を思い出しながら書いていけたらなと思います。

 

※ネタバレなし。感想を書いている中でどうしても本編に触れていますので、そこは悪しからず。今回よりブログの記事構成を色々と試してみます。しっくりきたら、構成を確定したいと思います。読みやすい記事と読む価値を提供したいところ!

購入しようか悩んでいる方やプレイ後の他の人がどう思ったのかなどにご利用くださいませ。

 

 

 

時計仕掛けのレイラインシリーズってどんなゲーム?

まずはこのPV映像をみてくれ。そして神曲。わくわくがとまりません!

 

 

 

公式サイト:ホームページがリニューアルされたようです!

unisonshift.amusecraft.com

 

 

 

基本情報とあらすじ

時計仕掛けのレイライン、以下3部作となるエロゲです。

美少女ゲームメーカーユニゾンシフト:ブロッサムより発売。

 

・シリーズ第1作 時計仕掛けのレイライン「黄昏時の境界線」

・シリーズ第2作 時計仕掛けのレイライン「残影の夜が明ける時」

・シリーズ第3作 時計仕掛けのレイライン「朝霧に散る花」

・家庭用「陽炎に彷徨う魔女」・・・移植版。当然非エロ。PC版+αあり。3部作全部入ってます。超お買い得。

 

黄昏が1、残影が2、朝霧が3となります。順番通りプレイしましょうw 

話思いっきり繋がっていますので気を付けてね。

構成としては1でつかみ、2でどっぷり、3でキレイにエンディングといった流れですね。2がたまらなく好きでした!

 

~あらすじ~

山奥にそびえたつ大きな時計塔のある全寮制学園に新入生としてやってきた主人公。しかし、初登校の日にいきなりトラブルに巻き込まれ、学園の入り口にある高価そうな像を壊してしまう。

学園長から、弁償の代わりにしばらく働けと指示された主人公は、トラブルの原因となった一人の男子生徒と共に『特殊事案調査分室』に配属されることに。

大きな地下図書館の奥にある分室の部屋に行ってみると、そこには無関心な様子で一人の少女が待っていた。

わけもわからないまま、二人は少女から告げられる。この学園では、本物の魔術が生きているのだ―――と。

時計塔の鐘の音と共に、学園には『夜の世界』が現れ、校舎と一体化するのであると。分室の仕事は、学園で起こるあらゆる魔術的な問題を解決すること。

こうして主人公たちは、様々な『遺品 (ミスト) 』に翻弄されながらも学園のために奔走することになるのだが――。 

一言でいうと『魔法学園の謎を追うミステリーアドベンチャー』ですね!

 

 

手に取ったキッカケ

秋葉原にて別件にて用事があり、待ち合わせ場所に結構早めに到着したので暇つぶしに何の目的もなく、なんとなくエロゲショップへ入った際にプロモーション映像がすごくて、テーマ曲も一度聞いただけで鳥肌が立ったので、タイトルだけでも携帯にメモして自宅に帰った後、調べて翌日お店まで買いにいったのはいい思い出。買ったのは1+2だね。2の発売直後でしたね。

 

 

こんな人にオススメだよ!

「一本道の物語を読みたい」「神曲が流れるOPを聞きたい」「魔法やファンタジー要素が好き」「エロゲにストーリーを求めている人」「散りばめた伏線を回収していく話が好き」

 

 

プレイ感想

話が面白い!久しぶりにがっつりテキスト読んだな!と思いましたね。もちろんすべてを手放しで評価できるわけでもなく、気になった点もあります。

イマイチだなと思ったのは、ゲーム開始から1、2時間くらいかな?序盤はぶっちゃけかなりつまらないというか主人公がいる通っている学園の設定や世界観などを理解するのに時間を費やします。なんだろ?登場人物の紹介とかね。ミステリー小説でよくある絶海の孤島にある別荘へ到着して皆さん顔合わせをするような感じですね。

エロゲという枠で考えるより、ちょっぴりエッチなシーンもある学園系ミステリーラノベというとしっくりくるかな。 (エロはおまけです。)

Fateや11eyesのような中2入ったバトルものではなく、謎解きやなんちゃって推理を軸に話が展開されます。能力系バトルのイメージがあるパッケージしてますが、あくまで能力は戦いではなく、謎を解くために使用します。バトルがまったくないわけではないですが・・・汗

またアマゾンや他の方のレビューなどを見ていてもかなり高評価となっています!ちょっとしたエロゲやれる休日があれば、ちょっとお値段はしますが、それだけの価値ありますよ!

 

主人公&ヒロイン登場人物をご紹介

久我 満琉(こが みちる)・・・今作の主人公。3部作とも彼が主人公です。

鹿ケ谷 憂緒・・・みるからにクーデレっぽそうな子。うん、かわいい。

壬生 鍔姫・・・いわゆる脳筋系女子。きっと部屋にはかわいいぬいぐるみがあるだろう。

風呂屋町 眠子・・・ふわふわ系女子。

リト・・・「・・・。何かしら?」。いわゆる綾波や長門のような寡黙な少女。

九折坂 二人・・・幼女といえば学園長!学園長といえば幼女。魔法の世界は、小さい子がだいたい強い魔力持ち。

アーデルハイト・リッター・フォン・ヴァインベルガー・・・2より登場。いわゆる縦ロールお嬢様。

ルートヴィヒ・リッター・フォン・ヴァインベルガー・・・お嬢様の執事。

烏丸 小太郎・・・主人公の友人。通称「おまる」

村雲 静春・・・口が悪いがいい奴。通称「しずかちゃん」

他にも多数メインからサブキャラ登場しますが、物語に深くかかわってくるネタバレ要素があるので、割愛。

 

 

家庭用あるよ!

PSVitaに移植されています。サブタイトルも変わっています。

時計仕掛けのレイライン「陽炎に彷徨う魔女」発売中。

・「時計仕掛けのレイライン」3部作がセットとなって登場! !
・Vita版オリジナルの新キャラクター【シグマ】が登場!
・本編ストーリー終了後を描く新規シナリオ、グラフィックを追加!
・オープニングムービーは、オリジナル新曲&映像を一新!

特にむふふなシーンが不要な方は、お値段的にもお得なので、PSVita持ちの方は、こちらで購入するのもありですよ! 

 

まとめ

学園にて魔法のアイテム「遺品」がおりなす謎解きゲーです。かわいいヒロインとか愉快な仲間も登場しますよ。エロス、ごりごりのバトル、ハーレムなどは求めちゃいかんぜよ。

まだプレイしていない人はぜひプレイして欲しい名作です!自信を持ってご紹介できます!当時は2が発売したばかりの時に購入した為、プレイ後続きが気になってずっとそわそわしてましたね。1+2プレイして・・・・ずっとそわそわ・・・・3!!みたいな感じでしたw

最近の3部作といえば、グリザイアの果実、迷宮、楽園を思い浮かべますが、あちらはちょっとゆーじtueee感出過ぎててラノベ系主人公っぽかったけど、こちらは、もう少しミステリーと魔術に寄せてます。

また3部作という続き物であるから1だけプレイしても伏線だらけで終わってしまうのではなく3作続けてプレイして欲しいです。

 

追記:

記事を書いててわかったけど、ネタバレなしでストーリーものの感想を伝えるのって結構難しいなと。とほほ(おじさんの謎の口癖w)

 

 

 

いわゆる家庭用移植版。3部作全部はいっているんだぜ。お得過ぎるだろ!!+αもあるらしいので、なんてこった。シグマって誰だよ!?知らない子ですね。

 

 

 伝説の1作目。1~3部作どれもパッケージが似ているのでサブタイトルである黄昏~を目印に!

時計仕掛けのレイライン-黄昏時の境界線- 初回版
ユニゾンシフト:ブロッサム (2012-07-27)